SOMとは(1)

目的
 ここでは,SOMがどんな物か分からない人のためにSOMについての基礎知識を提供することを目的としています. 内容は,序文に続く5枚の図とその解説文,そしてまとめから成ります.1ではSOMの利用の概念図, 2ではその利用分野,3,4で少し立ち入ったSOMの仕組み,5では実際の医療情報を記憶したSOMについて解説し,6でまとめとします.最後に本文中で参考にした参考資料をリストアップします.

序文
 1960年代からフィンランドの研究者T. Kohonenは連想記憶について研究していました[1]. 連想記憶とは,人間に備わっている, 感覚で得たものと記憶を照らし合わせて連想を行うことができる記憶方式です. 直立で歩行するものを見たときに「あれは人間のようだ」と思い浮かべることができるのも連想記憶のおかげなのです. Kohonenが研究の結果考え出した連想記憶の仕組みがSelf-Organizing Map, つまりSOMです[2]

サンプル
 ここに記述しているSOMの説明(SOMとは)を読まれた後,載せているデモを実行し,SOMを体験してください.3つのデモを載せています.

サンプルプログラム紹介ページへ


ホーム
Copyright SOMジャパン